婦人科一般

女性のさまざまなお悩みにも幅広く対応しております。

このようなことでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

生理(月経)のお悩み

  • 生理痛(腹痛・頭痛)がひどい
  • 出血量が多い
  • 生理がこない、不規則

など

おりものや不正出血のお悩み

  • おりものが臭う
  • 量が増えた、多い
  • 陰部のかゆみやできもの

など

更年期のお悩み

  • 身体がほてる、汗ばむ、動悸
  • 手足のしびれ
  • 気分が落ち込む

など

中絶(望まない妊娠)のお悩み

  • 誰かに相談したい
  • 影響が残らないか心配
  • 周りに知られずに手術を受けたい

など

避妊のお悩み

  • ピルを処方してほしい
  • 副作用が気になる
  • 正しい避妊方法を知りたい

など

妊活(不妊)のお悩み

  • 妊娠できるか不安
  • パートナーと一緒に相談したい

女性の身体はデリケートであり環境や体調によって変化します。
当院では幅広いお悩みに対応しておりますので、まずはご相談・診察にいらしてください。

生理(月経)について

生理不順

生理(月経)の周期は個人差がありますが25日~38日以内が正常な生理周期(生理が始まった日から、次の生理が始まる日まで)とされています。

女性の身体は毎月妊娠の準備を行っています。生理(月経)が規則的にこず、不順な場合、排卵が起こっていない可能性があります。また、月に2~3回複数回生理(月経)が来る場合、子宮や卵巣の病気による不正出血の可能性もあります。早めに診察を受けることをお勧めします。最近は卵子がうまく排卵されない多のう胞性卵巣(PCOS)という病気も増えています。 また、不規則な生活習慣や過剰なストレス、無理なダイエットや栄養失調、激しいスポーツなどが原因で生理が1~2日で終わってしまったり、10日以上続く場合もございます。その場合も月経不順と考えられます。

生理(月経)不順を放置しておくと、不妊につながる恐れもあるので早めの相談・診察をおすすめします。また、基礎体温(朝目覚めてすぐ体温)を測ることにより、卵巣の状態(排卵の有無)が分かりますので、まずは基礎体温をつけてみると良いでしょう。

月経困難

日常生活やお仕事に支障を来たすほど生理痛(月経痛)が強い方は、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が隠れている場合もありますので、一度診察を受けることをおすすめします。
症状が軽度なら鎮痛剤で様子をみることも可能です。症状が重い時は、ピルの服用により、軽減される方が多いです。

また、出血量が多いと感じる方は過多月経の可能性があります。
夜用のナプキンがもたない、レバー状のかたまりが何回も出るような場合は貧血が進行したり、子宮筋腫や子宮内膜症の原因となる場合もあります。
過多月経の場合もピル服用等で改善可能です。

当院のピルについて

ピルは緊急避妊方法として希望される方が増えてきております。
日本ではコンドームが避妊方法の主流ですが、誤った扱いや使用方法によって効果を発揮できないケースもあります。
望まない妊娠を避けるためにも女性が自分自身の身体を守る方法として確実なものがピルです。

ピルは避妊だけでなく、女性のホルモンバランスを整えたり、お肌や身体の不調を改善させる効果もあります。
皆さんの体調や体質に合わせてピルのご案内もさせていただきます。
処方時には効果や服用のタイミング、副作用について丁寧に説明しますので、安心してご相談ください。

不妊治療

避妊をしていないのに6ヶ月以上妊娠しない場合は、不妊が疑われます。
当院はブライダルチェックを始めとし検査を行っています。不妊治療が必要な場合、最適の病院をご紹介いたします。
まずは検査を受けていただくことをおすすめしています。

その他検診も行っています。

人工妊娠中絶について

当院では、残念ながら出産が叶わない事情をお持ちの方へ母体保護法指定医である院長が安全を重視した人工妊娠中絶手術を行っています。
当院で手術を受けた方で、その後、妊活の相談にいらしたり、妊娠して健診を受けに通院いただいたり、元気な赤ちゃんを見せにいらしてくださった方もたくさんいらっしゃいます。妊娠に気付かれたら、ひとりでお悩みにならず、できるだけ早い段階でご相談ください。
手術を希望される方も診察が必要になりますので、一度ご来院ください。